ビジネスの「サブスク化」を支援する新サービス

ソフト開発などを手掛けるサイオステクノロジーは、2019/06/20にサブスクリプション型ビジネスの構築を支援する新サービス「SIOS bilink」の提供開始を発表した。
発表段階ではベータ版の位置づけで、第一弾の機能として「リカーリングルールエンジン」を提供。これを利用することで、課金や原価配賦、などの手間のかかる計算が不要になる。その後も「データ/システム連携基盤」、「収益最大化支援」などの提供が予定されており、個々のサブスクリプション事業者の状況に応じて、欲しい機能だけを導入できる。

課金のパターンは標準で以下の4つから選ぶことができる。

(1)毎月同一料金の固定額で利用できるパターン

(2)利用量に応じて従量課金するパターン

(3)利用期間に応じて定額や定率で割引や割増をするパターン

(4)利用量に合わせて段階的に費用が上がるパターン

この4つ以外のパターンについては個別のカスタマイズ対応ができる。

価格は、SaaS版とオンプレミス版ともに月額制で、個別見積もり。最も廉価なパターンで、SaaS版を使った場合に、月額10~20万円程度になるという。
また、実際にビジネスを運用するまでの試験運用では利用料金はかからない。

引用:https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18119

─ YODOQの見方───────────────────────────

サブスクビジネスがどんどん拡大されている。例えばラーメン食べ放題、音楽聴き放題、動画見放題、スタディサプリ、Yシャツ配送、生け花、家具レンタルなど。消費者の志向が「所有すること」から「利用すること」に変化してきていることがサブスク化が進む大きな要因になっている。

サブスクビジネスのメリットとデメリット
・事業者のメリット:継続して収入が得られる。固定客が得られる。初期客が入りやすい。データが取りやすい。

・事業者のデメリット:基本的に価格設定が低いので、ある程度のユーザー数がないと成立しない。ユーザを増やすために常にサービス向上を意識しないといけない。

・利用者のメリット:自分が欲しい機能、利用したいサービスをお得に利用できる。初期費用が安い。

・利用者のデメリット:継続的に費用がかかる。解約する際の条件によっては解約金が発生する場合がある。

企業側にとっては固定客が得られたり安定した収入が確保されるメリットもあるが、同様のサービスが増えてくるにしたがい、自社サービスの品質を高めないと、競争に負けてしまい廃れていくサービスも増えていくと考えられる。利用者にいかに「継続して利用したい」と思わせられるかが勝負になってくるのではないかと思う。

USJマーケターのヒット生む思考法

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが現在提供しているシーズナル・イベント「ユニバーサル・クールジャパン」の「名探偵コナン・ザ・エスケープ」を成功に導いた陰にはマーケターの存在があり、マーケターが果たした役割は大きい。

マーケターになるためはT (Thinking<考える力>)、L (Leadership<リーダーシップ>)、P (Passion<情熱>)が大切。特に考える力が大切。
ポイントは、Objective (目的)、Who (誰をターゲットにして)、What (何を)、How(どのようにして提供するのか)の4つです。

「ユニバーサル・クールジャパン」は、世界に誇る日本のコンテンツを複数結集させ、世界最高のクオリティーでアトラクション化することをコンセプトにしています。
誰をターゲット(Who)にすることが来場者を最大化できるかです。これを考える上で重視したのが、(1)ターゲット層のボリュームが大きいこと、(2)コンテンツに対するファンの好感度の度合いが強いこと、(3)満たされていないインサイト(消費者も気が付いていない心の奥底にある課題)が存在すること、(4)ファンのインサイトが解決可能なことの4つです。

私たちが発掘したファンのインサイトは、「本当は、自分もコナンみたいな名探偵になれるくらいの能力があると信じたい!」というものでした。

次に、「本当は、自分もコナンみたいな名探偵になれるくらいの能力があると信じたい!」というインサイトを満たすためには何を(What)提供したらいいのか。

結論は、提供すべきは「コナンの仲間として一緒に謎を解いたときの達成感」でした。

最後に私たちが考えたのは、「コナンの仲間として一緒に謎を解いたときの達成感」をコナンファンに提供するためには、私たちのノウハウを活用して、どうやって(How)それを実現できるのかでした。

最も大切にすべきは、コナンの世界を完全再現することだと考えました。コナンの仲間として謎を解き達成感を味わうためには、コナンのファンが本当にコナンの世界に身をおける環境をつくることが何より重要と考えました。そのためには、人気キャラクターの完全再現、映画やアニメをライブ空間で再現した大迫力のスタント演出や本格的なライブ・パフォーマンスを融合して世界観を作ろうと考えました。また、達成感をより強いものにするために、コナンの仲間になることに加え、窮地から脱出する演出が必要と考えUSJオリジナルの「リアル脱出ゲーム」の形でアトラクションを提供しようと考えました。

引用:https://bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO4501183020052019000000?channel=DF071120184461

─ YODOQの見方───────────────────────────

イノベーション研究の世界的第一人者であるクレイトン・クリステンセンの著書に「ジョブ理論」という書籍があり、マーケティング部門でベストセラー書籍となっている。

「ジョブ」とは「顧客が片づけなければいけないこと」と定義しており、ジョブ理論は「ジョブ」「雇用」「解雇」という独特の言葉で、商品を買う理由を考える。

例えば、毎日の食事の後の食器洗いが大嫌いで、ある時、食洗器を購入することにした。そうすると食洗器に食器を入れボタンを押すだけで大嫌いな食器洗いから解放された。これは、食器洗いという「ジョブ」から「解雇」され、食洗器が「雇用」されたということになる。
ジョブ理論ではこのように、顧客の立場に立って「ジョブ」から「解雇」されるために「雇用」したくなるものを問い続けていくことである。

よくマーケティングでは「ニーズ」という言葉を使うことが多いが、「ニーズ」と「ジョブ」は異なる。ニーズは「祝日を楽しみたい」「長生きしたい」「くつろぎたい」のような漠然とした欲求を言うが、これらの解決方法が1つとは限らない。解決のためには、さまざまな選択肢が考えられる。

ジョブは顧客の具体的で切実な状況で生まれる。
例えば、
「彼女とデートを楽しみたい」
「健康的な食生活をおくりたい」
「1日中家でゆったりと過ごしたい」
というような顧客のジョブを解決するものを提示できれば顧客は購入する。

これを見誤った例として、
共働き世帯の多い地域にあったごく普通のスーパーは食品や日用品を一通り揃えており、夕方になるとレジに行列ができ賑わっていた。ところが、より顧客の好みにあわせようと、比較的裕福な世帯が多いところに目をつけて、グルメな食材を数多く揃え、どこでも売っているような日用品を売らなくなった。すると、あんなに並んでいたレジの行列が消え顧客が3割減ってしまった。
この例は顧客の「ジョブ」を見誤った良い例である。顧客は夕方の忙しい時間に必要なものを短時間で購入したいというジョブをもっていた。これまでこのスーパーはこのジョブに対して雇用されていた。しかし改装により、顧客の「ジョブ」を満たせなくなり、雇用されなくなってしまったのである。

ジョブ理論で考えると、ライバルは同じ市場にいるライバルだけではなくなる。映画やドラマをネット配信するネットフリックスCEOは、「ライバルはアマゾンか?」と問われて、こう答えている。
「リラックスするためにすることは、すべてライバルだ。ビデオゲームとも競うし、ワインとも競う。実に手ごわいライバルだね。
「家でリラックスした時間を過ごしたい」という顧客のジョブを解決するために雇用されるサービスを提供することが大切で、同様のサービスを提供する相手だけが競合ではないことを示している。

スターバックス、店舗でのキャッシュレス化推進

小売り店舗でのキャッシュレス化が推進されている。

スターバックスコーヒーの店舗ではスマートフォンアプリを使って支払うと「Star」が貯まり、プレゼントや割引きなどのサービスが受けられる。スターバックスがこの取組をはじめてから、よりキャッシュレス決済化が進み、現在では利用者の30%以上がキャッシュレス決済を利用している。
今後はLinePayが利用可能になるなど、専用アプリをインストールしなくてもキャッシュレス決済が利用可能になるという。

引用:ITMedia ビジネスオンライン 利用者の30%以上がキャッシュレス スタバの決済事情

スターバックスの例に限らず、2019年は日本におけるキャッシュレス決済元年になると言われている。キャッシュレス決済が普及することで、これまで銀行を中心においた金融サービス全体が変容していくことが考えられるという。
引用:IT Media ビジネスオンライン キャッシュレスが進む日本、社会は二極化する

─ YODOQの見方───────────────────────────
クレジットカードや銀行口座を「持たざる者」がキャッシュレス決済を「ポケットの中の銀行口座」として利用する。これは10年以上前にアフリカのケニアではじまった「Mペサ」の話を思い起こす。

SankeiBiz キャッシュレスが進む日本、社会は二極化する

Mペサは元々、個人向け少額融資(マイクロファイナンス)としてサービスを開始し、送金の利便性が支持されて普及していった。キャッシュレス決済においては日本がケニアの10年後を行く構図となっているようだ。
──────────────────────────────────
備考 「Mペサ」に関するわかりやすい解説
ケニアで個人間送金・決済サービス「M-PESA」が普及した理由とは? M-PESAから学ぶフィンテックサービス普及のカギ!

数年後には給与も電子マネーを対象に振込が行われるようになるかもしれない。電子決済業者はユーザーの消費行動をデータとして把握しているため、その与信情報を元に消費者金融の範囲もカバーできる可能性がある。

「写真を見て即買い物」インスタグラムにリンク機能

6月5日、Instagramは投稿写真からECサイトに移動できる「ショッピング機能」サービスを開始した。
法人向けのアカウントを持っている企業は自社が投稿した写真に商品名や価格などが表示されるタグを付けられる。消費者は商品が気に入れば、商品の販売ページに移動し、スマホで購入できる。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31394700V00C18A6TJ1000/

─ YODOQの見方───────────────────────────

サービス開始に伴い、サイバーエージェントの子会社サイバー・バズは6月11日より公式アカウント代行サービスを開始した。

参考:http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1806/12/news080.html

ヨドックでもホームページやECサイトをSNSと連携させるサービスは提供してきたが、これまではSNSから自社サイトへ誘導することや購買意欲を高めることが目的だったのに対し、Instagramのショッピング機能は、最終目標である「購入」までユーザーを導くことができる。
EC-CUBEでもプラグインで対応可能になっており、今後はヨドックでもお客様への提案材料の一つとして身に付けていきたい。

医師が処方する「治療用アプリ」田辺三菱製薬が開発へ

田辺三菱製薬が、大手国内製薬会社で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出す。
治療用アプリとは、スマホのアプリが患者の症状や体重、体調、生活パターンなどを分析し、医学的データに基づき生活習慣などを指導して、病気の治療を支援する仕組み。
医薬品でも医療機器でもない「第三の治療法」になるのではと期待される。

引用:https://www.sankei.com/west/news/180506/wst1805060009-n1.html

─ YODOQの見方───────────────────────────

治療用アプリは開発時に臨床試験を実施し、医学的な効果を実証しなければならない。
医薬品などと同様に厚生労働省に承認されれば保険が適用され、医療の一環として医師の処方を受けて使用される。一般的に新薬開発には10年以上の期間と1200億円の投資が必要とされる上に、成功率が低いというリスクがある。これに対し、治療用アプリは開発費が数億円程度で済み、副作用も少ないと考えられている。
薬の飲み忘れを防ぐ機能などを搭載することで投薬治療とうまく組み合わせ、薬だけでは治療が難しい疾患の治療に役立つのではないだろうか。

参考:日本で治療用アプリ開発に取り組むベンチャー企業 キュアアップ

ネットワン、店舗Wi-Fiを販促に活用するためのクラウドサービス

ネットワンパートナーズは店舗Wi-Fiを活用した小売業向けクラウドサービス「Volare」を発表しました。SNSとの連携機能を活用し、簡単に認証を受けられるようにした「ゲストWi-Fi認証機能」と、Wi-Fi利用者に向けて、広告やクーポンなどを配信できる「マーケティング機能」が主な機能になり、接続認証が面倒で利用者が伸びない、うまく販売促進につなげられていないといった課題を解決することを期待されている。

引用:https://it.impressbm.co.jp/articles/-/15195

─ YODOQの見方───────────────────────────

SNS連携ログインについて、多くのサイトでSNSアカウントを使って簡単に会員登録・ログインができる機能が見られるようになってきました。この機能はソーシャルログインと言いますが、これはユーザーにとっても企業側にとってもメリットがあります。ユーザーのメリットとしては「簡単に会員登録ができること」「ID・パスワードを覚えなくていいこと」などがあげられます。特にスマートフォンでは文字入力が複雑ということもあり、ソーシャルログインのワンタッチログインはとても需要があります。
また、企業側にとってのメリットは「ユーザビリティの向上による会員登録・ログイン時の離脱率改善」「ユーザーの属性情報の把握」などがあげられます。

ロゴがどのくらい優れているのかをAIが点数化してくれる「Logo Rank」

「Logo Rank」は100万点以上のロゴデザインをAIに学習させた評価サイト。自分で作ったロゴを簡単に評価してくれるため、作成したロゴがロゴとしてどれくらい適しているか「独自性」、「読みやすさ」、「カラー/コントラスト」、「総合」の4つの項目から評価される。

引用:http://gigazine.net/news/20170904-logo-rank/

─ YODOQの見方───────────────────────────

有名企業に見るロゴの効果と価値について紹介したい。オランダのアムステル大学がブランドの影響力に関して調査を行った。調査の内容は有名ロゴに対する子供の認知度を計測している。その結果によると、2歳から3歳の67%がロゴと製品を正確に一致させることができ、8歳以上の子供になると100%がロゴと製品を一致することができるとのことだった。

ロゴ制作にかかる費用についても紹介したい。
下記は上位ベスト3

1位:BBCニュース 180万ドル
2位:ニューペプシロゴ&2008年バラク・オバマロゴ 100万ドル
3位:2012年度ロンドンオリンピック 66万5400ドル

安価なものではツイッターが6ドル、ナイキの「スウッシュ」はわずか35ドルと非常に安価である。

備考:ブランドロゴの絶大な効果とは!有名企業に見るロゴの効果と価値
http://i-maker.jp/logo-2662.html

ソニー、“紙のように読み書きできる”A4サイズデジタルペーパー

ソニーは6月5日に「紙のように読んで、書き込める」デジタルペーパーDPT-RP1の発売を開始した。
ディスプレイはA4サイズ相当になる13.3型(解像度1650×2200ドット)、重さは、約349gと軽い。また、読むだけでなく、付属のスタイラスペンを用いて書き込み保存することが可能。

引用:http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1054079.html

─ YODOQの見方───────────────────────────

今回紹介したデジタルペーパーDPT-RP1を導入することにより、ペーパーレスによるコスト削減を実現することができる。
デジタルペーパーの特徴は、従来のディスプレイと異なり、表示している際には電力を消費しない(又は極僅か)。書き換えの際にも僅かな電力を消費するだけなので、少ない消費電力での利用が可能となっている。ディスプレイは、高コントラスト、16階調のグレースケールにより、文字も画像も紙のように表示することができる。バックライトも必要でないため、目に優しい仕様となっている。また、太陽光の下でも視認性が優秀。消費電力が少ないため、一回の充電で約3週間と長時間の利用が可能となっている。

備考:ソニー DPT-RP1公式ページ
http://www.sony.jp/digital-paper/products/DPT-RP1/

インフォグラフィックの利用で効果的なアプリケーション

WordPressアップグレードの作業とともに、管理画面に君臨していたわぷーが無効化されていました。
ショックです。とてもショックです。
ご無沙汰ぶりです。ぱんだー。さんです。

さて、ヨドックという数秒先の見えそうな会社では、社長メルマガのために
社員による人力ニュースキュレーションが行われています。
毎月20以上の記事が挙げられ、利用されているのはその中の3つ4つ。
非常にもったいない。

だいぶお蔵入りになっている感じがハンパないので使います。

というわけで、東京IT新聞にて、
飲み会や食事会が増える季節にオススメの健康管理アプリ!という記事が紹介されていたので一つ。

記事の概要としては、これからの季節は忘年会とか増えるからこんなアプリが公開されたよ!というお話。

HEALTHPLAYER」というアプリでは、消費カロリー計算や血圧・体重の記録ができ、
対応の体組成計なんかを使っていればデータ転送も可能!!
しかも記録したデータはグラフで見れるよ!というモノ。

その他「女子レコ ダイエット」、「StepWalk歩数計」もアラートやグラフ、マップ連動なんて機能があるよ!!
という記事。

この3つのアプリの共通点は「グラフ管理」。
これらに関わらず、昨今の管理けいスマホアプリやWebサイト、
はたまた業務アプリケーションでは「グラフを利用する」ことを簡単に導入しています。

グラフなんてエクセルやらパワポで簡単に使ってたワケなんだし
なんでシステムの中で今まで使われてなかったんでしょう。

このような「インフォグラフィック」が簡単に利用されるようになったのは
これまでより安く実装できるようになったから。

今まではFlash使ってActionScriptごにょごにょ書いてたり、高いライセンス料を支払ってライブラリを利用してたんですよね。
なので開発規模によっては商用グラフ作成ライブラリのライセンス料で一悶着起こることもあったんです。
いやー。いい思い出ですね(たぶん)

それが今や、CSSやJavaScriptで描画できるとか夢のようです。開発費的にも技術的にも。
昔使ったライブラリのライセンス費用だけで何か作れそうな気がしてきました。気のせいです。

アプリに限らず、資料などにもグラフ描画を利用する理由は視覚情報が一番理解しやすいから。
一番理解しやすい、覚えやすい…というのは「見た目」的にもインパクトを与えることができるのです。

これからはよりシステム(業務アプリケーション)を作る時にも「見た目の理解しやすさ」が求められる時代。
フルスタックエンジニアじゃないと生き残れない!…ということではないですが、
Webデザイナ(情報設計的な意味で)はシステム設計をどれだけ理解できるか!?が問われるようになりそうです。

ぱんだー@役職雑用

.htaccessが表示されない時のための備忘録

はじめて「.htaccess」に出会った7年前には表示されないなんて何でやねんどころか
最初に「.」がつくファイルに出会ったことがなかった当時は
「.」ってなんやねん。拡張子なんやねんと思ってたわけですけどね。

さてはて本題。
そんな7年前から今までやってるコトが変わっても、これだけは変わらずFFFTPというFTPソフトを使ってるわけですが、
「.」から始まるファイルが見えないことがたまにあるわけです。

このエントリ書く時に言ったら「それって『.からはじまるファイルを表示する』にチェックいれるんですよね」とたけさんは言いますが

違うんだよ。そうじゃないんだよ!!
環境によっては、「.ではじまるファイルの表示」にチェック入れててもなるんや!!
というわけでその対処をFFFTP上でできる術を記しておきます。

1:もちろん、表示の「.ではじまるファイルの表示」はチェックが入ってるコトを確認。
2:表示したいホストの「設定変更」から「高度」のタブを開き、「LISTコマンドでファイル一覧を取得」のチェックを外します。
3:「NLSTファイル名/オプション」に「-alL」を入力(たぶんデフォルト)
4:FFFTPを再起動

これで何とか解決することができます。
何故か切断して再接続するだけだと、私は上手く作動しません…(´・ω・`)

7年もFFFTPと付き合ってきたので、何があったらどーするというのをそろそろ覚えたのですが
最近説明する機会があったので、備忘録的に残しておきます。
もう説明せんからなっ!!!>ALL

めんどk…時間がなかったので、この解決法だけ教えたのですが
「LISTコマンドでファイル一覧を取得」のチェックを外すと、
「Aディレクトリ以下のディレクトリごと全部一括ダウンロードしたい!!」時に何かと不便だったりするわけです。

なので、是非ともサーバ側で対処できる人はFFFTPというツール上でなく、大元のFTPのデーモンの設定を変更してくだしあ。

さて。最初に触れた「環境によって」の部分。
こんな現象が起こってるのは、自分の過去の事例からしてもvsFTPd。
デフォルトで「.」ファイルは表示されない設定になっているよーです。
そのconfファイルを一行修正すればOKです。

たぶん場所はこの辺り↓
/etc/vsftpd/vsftpd.conf

force_dot_files
をNOからYESに、この項目がない場合は

force_dot_files=YES

と一文追加すればOK。

経験上、これで解決しなかったことはないんで、
某サーバにもコレ対応しておいてください(業務連絡)

「アクセス数増えてきたから真面目な事書いてください!!」って言われたので、真面目な事書きました。
次回からはいつも通りでいいですか…orz