足の3Dサイズを計測「ZOZOMAT」登場

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは6月24日、スマートフォンアプリを活用し、足のサイズを計測できる「ZOZOMAT」(ゾゾマット)を無料で提供すると発表した。客の足のサイズに合った靴を、試着なしで提案することを目指す。同日から特設サイトで予約を受け付け、秋・冬ごろから順次発送する。
靴はサイズの大小に加え、甲高や幅広、外反母趾による変形など足の形状が履き心地に影響するため、試着ができないECサイトでは、サイズ選びに不安を抱えるユーザーも多いという。ZOZOMATは、こうした課題を解消する狙いがある。

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/24/news074.html
─ YODOQの見方───────────────────────────
ZOZOMATは、マットに足を乗せ、周囲をスマホカメラで撮影すると、カメラがマット全体にあるドットマーカーを読み取り、足のサイズを測れるという仕組み。この仕組み自体は先にリリースさて話題になったZOZOSUITSと殆ど同じである。
2018年にZOZOSUITSが事実上廃止されたことが記憶に新しい中、ZOZOはなぜZOZOMATのリリースに踏み出したのだろうか。
まずZOZOSUITSの一番の失敗は「PB(プライベートブランド)化」。PBとして発売したビジネススーツは、生産・配送の遅れによって、15.4億円の受注に対し5.4億円分しか納品に至らなかった。現在は解消されてきてはいるものの、当時のZOZOにはPBを支える生産ラインが無かったのだ。
ZOZOSUITSの失敗はZOZOにとっても大きな痛手であることは間違いないが、それと引き換えに100万人以上もの詳細な身体データを得ることができた。これは史上空前の規模であり、壮大な社会実験と言える。
このデータをテナントであるブランドに開放することで、MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業を確立させたのだ。
MSPが進化していくことで、ZOZOSUITSやZOZOMATのようなツールが無くても、どんな体型の人でもピッタリな一着・一足を簡単に見つけることのできる時代がくるかもしれない。
参考:ゾゾマット開発担当役員が語る「PB失敗から学んだこと」

update : 2019/06/26 | ネットサービス

ビジネスの「サブスク化」を支援する新サービス

ソフト開発などを手掛けるサイオステクノロジーは、2019/06/20にサブスクリプション型ビジネスの構築を支援する新サービス「SIOS bilink」の提供開始を発表した。
発表段階ではベータ版の位置づけで、第一弾の機能として「リカーリングルールエンジン」を提供。これを利用することで、課金や原価配賦、などの手間のかかる計算が不要になる。その後も「データ/システム連携基盤」、「収益最大化支援」などの提供が予定されており、個々のサブスクリプション事業者の状況に応じて、欲しい機能だけを導入できる。

課金のパターンは標準で以下の4つから選ぶことができる。

(1)毎月同一料金の固定額で利用できるパターン

(2)利用量に応じて従量課金するパターン

(3)利用期間に応じて定額や定率で割引や割増をするパターン

(4)利用量に合わせて段階的に費用が上がるパターン

この4つ以外のパターンについては個別のカスタマイズ対応ができる。

価格は、SaaS版とオンプレミス版ともに月額制で、個別見積もり。最も廉価なパターンで、SaaS版を使った場合に、月額10~20万円程度になるという。
また、実際にビジネスを運用するまでの試験運用では利用料金はかからない。

引用:https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18119

─ YODOQの見方───────────────────────────

サブスクビジネスがどんどん拡大されている。例えばラーメン食べ放題、音楽聴き放題、動画見放題、スタディサプリ、Yシャツ配送、生け花、家具レンタルなど。消費者の志向が「所有すること」から「利用すること」に変化してきていることがサブスク化が進む大きな要因になっている。

サブスクビジネスのメリットとデメリット
・事業者のメリット:継続して収入が得られる。固定客が得られる。初期客が入りやすい。データが取りやすい。

・事業者のデメリット:基本的に価格設定が低いので、ある程度のユーザー数がないと成立しない。ユーザを増やすために常にサービス向上を意識しないといけない。

・利用者のメリット:自分が欲しい機能、利用したいサービスをお得に利用できる。初期費用が安い。

・利用者のデメリット:継続的に費用がかかる。解約する際の条件によっては解約金が発生する場合がある。

企業側にとっては固定客が得られたり安定した収入が確保されるメリットもあるが、同様のサービスが増えてくるにしたがい、自社サービスの品質を高めないと、競争に負けてしまい廃れていくサービスも増えていくと考えられる。利用者にいかに「継続して利用したい」と思わせられるかが勝負になってくるのではないかと思う。

update : 2019/06/21 | ソフトウェア

超小型スマホ「Palm Phone」のSIMフリー版、米国で予約販売

米Palmは現地時間6月18日、日本でも販売されているPalm製の超小型スマートフォン「Palm Phone」のSIMロックフリー版の予約受付を開始した。米国でのみ購入可能。米国ではこれまで、米Verizonあるいは米BestBuyで、Verizon版のみが販売されていた。SIMロックフリー版はPalmが直接オンライン販売し、VerizonだけでなくAT&T、T-Mobile、MetroPCSで利用可能となる。

「Palm Phone」の対応周波数は以下の通り。
2G:GSM 850/900/1800/1900
3G:UMTS 1/2/4/5
4G:FDD 2/4/5/12/13/17/66

引用:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1906/19/news069.html

─ YODOQの見方───────────────────────────

取り上げた記事では「Palm Phone」の詳しいことが分からなかったので、詳しいスペックや他に「Palm Phone」と同じ超小型スマートフォンがないか調べ、比較を行った。米国で販売される「Palm Phone」自体のスペックは見つからなかったため、日本版のスペックと変わらないと考え、日本版「Palm Phone」のSIMフリー版のスペックは次の通り。

・サイズは幅約50.6mm、高さ約96.6mm、奥行き約7.4mm、クレジットカードの大きさと同じくらい
・ディスプレイは3.3型サイズ、解像度は720×1280ピクセル、画素密度445ppi
・IP68の防水、防塵に対応
・プロセッサはSnapdragon 435
・メインメモリは3GB、内臓ストレージは32GB
・800mAhのバッテリーを内蔵し外部接続端子はUSE Type-Cを採用
・カメラはアウトが1200万画素、インが800万画素
機能としては、使いたいアプリの頭文字を書いて、ロック画面からアプリを呼び寄せる「ジェスチャーパッド」、画面が消灯しているとき、着信、メッセージ等の通知をオフにする「Life Mode」がある。SIMロックは掛かってないが、au回線には殆ど対応していない。

超小型スマートフォンの比較ではUnihertz ATOM、Unihertz Jelly Proを比較した。
「Palm Phone」が勝る項目
・解像度
・本体の薄さ
・本体重量

「Palm Phone」が劣る項目
・電池容量
・値段

折りたたみ式のスマートフォンも発表されているように大画面化がトレンド化しているが、手のひらにおさまるサイズのスマートフォンにも一定の需要は見込めそうだ。

参考:ITmediaMobile『手のひらサイズの超小型スマホ「Palm Phone」発売
写真で実機をチェック』

update : 2019/06/20 | スマートフォン

WEBページをAIによって自動で多言語化する『MULTILINGUAL INDEX』を 提供開始

NSSホールディングス株式会社グループのNSSマーケティング株式会社は、AIを用いてWEBページを14ヶ国語に自動翻訳する「MULTILINGUAL INDEX – マルチリンガルインデックス」というサービスの提供を開始しました。
MULTILINGUAL INDEXは、日本語のページを英語、中国語(簡体/繁体)、韓国語、タイ語、ベトナム語、タガログ語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、ヒンディー語、アラビア語に翻訳することができるホームページ多言語化ツールです。
通常の翻訳ツールのように単語単位での翻訳をするわけではなく、AIで文脈を読み取った上で行うので、精度の高い翻訳をすることが可能になっています。また、微妙なニュアンスで表現したい部分だけを編集することができる機能も搭載されているため、より品質の高いWEBページを簡単な作業で構築することができます。さらに、言語ごとに画像を入れ替えることができる機能もあるため、日本語が入った画像を各国語に編集することでよりユーザー
に伝わりやすいインバウンド向けのホームページを構築できます。翻訳されたWEBページは日本語のホームページとは別に独立した言語サイトとしてサブドメイン上に表示されるため、ユーザーが扱う言語ごとに最適な検索結果を表示させることができます。

引用:https://kyodonewsprwire.jp/release/201904255835
引用:https://ml-index.com/
─ YODOQの見方───────────────────────────

2018年の訪日外国人数は、2013年と比べて3倍の3119万人にまで増加しています。今後も東京オリンピックや大阪万博の開催を控え、ますます多くの外国人が観光やビジネスで日本を訪れるだろうと予測されます。そのため、WEBページを多言語化するサービスは更に需要が増すと思います。
そこで、WEBページを翻訳する多言語化ツールを調べてみました。

1.WOVN.io
ヘッダーにコードを1行挿入しURLを登録してページを作成することで、最大27ヶ国語に対応可能です。利用料は1ヶ月5,000円~と比較的、安価に導入できます。
参考:https://wovn.io/jp/trial?gclid=CNHZlKfX5MsCFYWVvAodmkIIoA

2.Myサイト翻訳
日本語サイトのデザインや内容、クオリティを変えることなく簡単に32言語に自動翻訳できます。月額、最低3万円から利用可能で、既存の日本語サイトに翻訳ボタンを設置するだけです。
参考:https://www.kodensha.jp/index/products/mysite/

3.WPML
Wordpressへのインストールで40以上の言語でウェブサイトを簡単に運営できます。WordPress API 機能を利用するだけで、ほぼ全てのテーマで実装でき、スムーズに作動します。精度の高い翻訳を希望する場合は、人が翻訳するサービスも有償で提供しています。
参考:https://wpml.org/ja/

他にも、多種多様な多言語化ツールがあります。インバウンド対策の一環として、それぞれの仕組みや利用料などを考慮してご自信のWEBサイトに最適なツールを検討されてはいかがでしょう。

update : 2019/06/04 | ネットサービス

「歩く」の次は「睡眠」ポケモン2020年に新アプリ

ゲーム企画のポケモン(東京・港)は4月29日、「睡眠」をテーマにしたスマートフォン(スマホ)ゲームを2020年に配信すると発表した。
米ナイアンティックと手がけたスマホゲーム「ポケモンGO」で「歩く」ことをテーマにゲームを提供したが、次は良質な睡眠を取るほど楽しめるゲームを提供する。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45404280Z20C19A5X30000/

─ YODOQの見方───────────────────────────

1990年代にオンラインゲームが登場してから約20年。インターネットの通信速度は劇的に早くなり、ハードも著しい進化を遂げた。2000年代にはスマートフォンが急速に普及し、ゲームはついにゲーム機の枠を超えた。

そんなゲーム業界の更なる可能性を、5Gが拓くかもしれない。

5Gの特徴の一つが、基地局に同時接続できる端末を大幅に増やせる「多接続」だ。
現在の4Gでは、たとえば電車の中など限られた空間で多くの人が同時に接続すると回線速度がかなり落ちてしまうが、5Gが主流になればそれが改善される。
また、今まではメディアにゲームデータを保存する形式が主流だったためにメディアの性能によって限界値が決められていたが、その限界値が無くなることで、より無制限に、より自由にゲームを制作することができる。

もちろんコスト面や人材面などの課題はあるが、5Gが近い将来、私たちが体験したことの無いようなゲームの世界を見せてくれる日が来るかもしれない。

参考:約20年も変わらなかったゲーム作りが「5G」で進化する? メーカーが考えるスマホゲームの未来
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/28/news046.html

update : 2019/05/30 | スマートフォン